読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

既卒で管理栄養士を目指す方必見!学生御用達の参考書・問題集をご紹介

既卒生の合格率は低い

管理栄養士国家試験の合格率は、働きながら受験する既卒の方と、学生の間に受験する新卒の方とでは合格率に大きな開きがあります。以下は、第30回管理栄養士国家試験における既卒と新卒との合格率の違いを表に示したものです。

 

 

 
①管理栄養士養成課程を卒業と同時に国家試験を受ける新卒では、合格率が85.1%なのに対して、③栄養士養成施設を卒業し、実務経験を積んだ後に受験する既卒では、合格率が10%にも達していません。なぜこのような差が生まれるのでしょうか?
 

既卒生の合格率が低い原因

1.勉強時間が短いから

まずあげられる原因は勉強時間の少なさでしょう。自らの持つ時間のほぼ全てを勉強に費やすことのできる新卒に対して、既卒生は多くの場合お仕事をしながらの受験であり、勉強する時間を十分にとれないことが予想されます。これが最も大きな差でしょう。勉強時間は国家試験の点数に直結します。勉強時間の短さが影響していることは間違いありません。

2.教材選びを間違えているから

次に考えられる原因として、教材選びを間違えているということが考えられます。管理栄養士養成国家試験に関する書籍は、各出版社から多く出版されており、どれを選べば良いか分からないような状態です。教材選びは、勉強の効率を上げるためにはとても重要なことです。新卒生であれば、学校がオススメする実績のさる参考書を紹介してもらえますが、既卒生の場合はそうではありません。書店やネットショップで、一見良さそうに思えるものを選ぶしか方法がないのです。
 

オススメの参考書・問題集のご紹介

勉強時間が少なくとも、教材選びをしっかりと行えていれば、勉強の効率を上げることができ、少ない時間でも十分に勉強することができます。以下では、管理栄養士養成課程の学生のほとんどが使用するであろう、オススメの参考書と問題集を紹介していきます。
 
 

参考書|クエスチョン・バン

クエスチョン・バンク 管理栄養士国家試験問題解説 2017
メディックメディア 売り上げランキング: 2,839
 
学生の間ではクエバンと呼ばれている参考書です。
分厚いので枕代わりになったりします。
 

イラストが豊富

オススメポイントはイラストが豊富なところです。お堅い教科書なんかだと、科学的な正しさを保つためか、かなり分かりづらい図が使われています。また、図を用いずに、文章だけで説明したりと、あまり学生目線ではない場合が多いようです。
 
しかし、このクエスチョン・バンクだと、豊富なイラストが用意されています。難しい概念もわかりやすく図解してくれおり、苦手な方の多い人体の構造と機能なんかでは特に役立ちます。
 

過去問に準拠している

また、クエスチョン・バンクでは、過去問を解説してから、その分野の詳しい解説に入っていくというスタイルを取っています。教科書なんかだと、1から10までの詳しい解説を行っていますが(これが教科書に求められていることなのですが)、国家試験を解くためにはそれほどの知識が必要なかったりします。むしろ、国家試験に出やすいところを掘り下げて重点的に解説してほしいころです。
 
クエスチョン・バンクでは、そのような説明がしっかりとなされています。過去に出題がない部分についてはあまり触れずに、多く出題されている部分については、詳しい補足説明やイラストなどを用いて丁寧に解説しています。過去問に準拠していることで、不要なところは削って、必要なところは掘り下げるということができるのです。
 
 

問題集|管理栄養士国家試験受験必修過去問集2017

管理栄養士国家試験受験必修過去問集2017
女子栄養大学管理栄養士国家試験対策委員会 女子栄養大学出版部 売り上げランキング: 161,786
 
 

オススメの過去問集です。過去問集は本当に多く販売されていますが、こちらをオススメします。

問題の解説がすぐ横にある

この問題集では、問題のすぐ隣のページに解説があります。これは人によって好みがあるかもしれませんが、答えが別冊になっていたり、ページをめくる必要があったりするのは利便性に欠けます。問題を解いたらすぐに解説を確認する必要があります。そういった意味で、すぐ横に解説があるのは非常に便利です。

解説が丁寧

この問題集は、解説が非常に丁寧です。ある程度の問題だと、参考書が不要なのでは?と思えるほどです。普段からある程度まじめに勉強している人だと、受験勉強はこれ一冊で完結すると言っても過言ではありません。私の場合も、勉強の初めの時期はクエスチョン・バンクでの勉強を重点的に行っていましたが、国家試験が近づくにつれてこの過去問集での勉強がメインになりました。解説を読んだだけでは全体が把握しきれないという問題についてのみクエスチョン・バンクで確認するといった程度です。それほど解説が丁寧に行われているのです。