クラウドソーシングは稼げるのか? 1年間の報酬額を公開します

私は、およそ1年間にわたってクラウドソーシングサービスを利用し、若干ながら収入を得ていました。場所や時間を選ばない働き方として注目を集めているクラウドソーシングサービス。今回はそれによって得られる報酬について紹介します。

 

 

 

クラウドソーシングに関する一般的な理解

初めに、クラウドソーシングに関する一般的な理解や知識について紹介しておきます。このブログをご覧の方の中には、クラウドソーシングって何?と思われる方もいらっしゃると思います。そのため、まずはクラウドソーシングとは何かについて簡単に紹介してきおきます。

クラウドソーシングについて検索してみると、以下のような説明が表示されました。

クラウドソーシング クラウドソーシング(英語: en:crowdsourcing)は、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。 このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。

引用)クラウドソーシング - Wikipedia

余談ですが、Googleの行っているカード式デザインでの検索結果の表示はわかりやすくていいですね。上のクラウドソーシングに関する記述も、「クラウドソーシング」と検索したら一番上に表示されました。欲しい情報をピンポイントで表現してくれるので、こういった検索結果の表示が普及してほしいですね。

話を戻します。クラウドソーシングについてですが、自社で行うには面倒だったり、難しかったり、また多くの資金が必要そうな場合について、その作業を不特定多数の人に委託するといったものです。

似たような言葉として「アウトソーシング」という言葉がありますが、この違いは曖昧になってきています。しかし、大きなところでは、案件を発注する対象に違いがあり、

のような感じになっています。

クラウドワークとランサーズがこのサービスを提供する2大会社で、私はランサーズの方を利用していました。

1年間ほどクラウドソーシングを利用していました。

私はランサーズを通して、これらのサービスを1年間ほど利用してきました。仕事を受ける側としてです。案件としては健康に関するライティングを主に請け負ってきました。私は管理栄養士の資格を持っていますので、その資格を活かして専門家としてライティング業務を請け負ってきたのです。

請け負う案件としては、Webメディアに掲載する記事の執筆がほとんどでした。記事の内容としては、専門家の視点から正しいダイエット法を紹介したり、科学的な根拠に基づいた栄養情報を提供するなどです。記事の文字数や単価ですが、文字数はだいたい2000文字から3000文字、単価としては1文字0.5円から2円までの案件を受けていました。

こういった内容の記事を週に5本程度書いておりました。私の執筆スピードは、1時間あたりに1000文字から2000文字ほどです。専門的な内容を求められる際は、論文を読み込んだりする時間が必要になるため、総合すると1時間あたりに1000文字程度のスピードになります。その分、そういった案件は文字単価が高めなので、時給にすると2000円近くは稼げていたかと思います。

暇な時を使って、週に3日程度、1日あたり3~4時間程度を使って記事を書きました。なんとなく体が辛い時や研究が忙しい時(学生ですので)は執筆をお休みしていました。こういった場所や時間、また仕事量を調整できるのもクラウドソーシングの魅力の1つかと思います。

収入は1年間で50万円ほど

そして気になる収入ですが、1年間で50万円ほど稼ぐことができました。
その詳細を以下にまとめました。

 2016年度 報酬まとめ

年月報酬
2016年4月 ¥5,172
2016年5月 ¥29,320
2016年6月 ¥33,892
2016年7月 ¥45,567
2016年8月 ¥12,915
2016年9月 ¥42,632
2016年10月 ¥77,820
2016年11月 ¥82,020
2016年12月 ¥76,808
合計 ¥406,146


2017年度 報酬まとめ

年月報酬
2017年1月 ¥151,722
2017年2月 ¥15,170
2017年3月 ¥84,504
合計 ¥251,396

 

2016年と2017年を合算すると65万円ほどですが、私が利用していたランサーズでは、手数料として2割ほど引かれてしまいます。そのため、手取り収入としては50万円ほどです。

2016年も。最初のころは低単価の案件をボチボチとを行っていました。そのため、報酬は安めです。高単価の案件を受けるようになったのは、だいたい9月ごろからでしょうか。ランサーズを利用して、受注実績が増えてきましたので、段々と単価が上がっていたのです。

そして、2017年の1月には報酬が15万円!。締め切りなどがあり、スケジュールがタイトなこともありましたが、学業が暇な時期だったので、特に多くの案件を受けて、執筆に励みました。その結果として、15万円もの報酬を得るに至ったのです。

クラウドソーシングはあっている人にはあっているのかも

以上、クラウドソーシングサービスを利用して得た報酬について紹介しました。1年間行った結果が50万円だと、あまり稼げないのかな?と思われるかもしれません。しかし、通常のアルバイトのようにシフトが決まっており、どうしてもこの時間にこの場所で働かなければならないといったことはありません。ですので、私もインフルエンザになった時は休みましたし、なんとなくだるいな、と言う時も仕事はしませんでした。こういった自由度の高さもクラウドソーシングサービスの特徴でしょう。

また、私は飲食店などでアルバイトをするよりも、こういったサービスを利用してお金を稼ぐ方があっていたと思います。実際、私は飲食店などでアルバイトをしたこともありますが、こちらの方が楽しかったです。したがって、人によってはアルバイトなどをするよりもこういったサービスを利用する方がいいという人もいるかもしれませんね。

 

私が利用しているサイトは「ランサーズ」です。
下のリンクから会員登録を行っていただければ、私に報酬が入りますので、よかったら登録してみてくださいね。

クラウドソーシング「ランサーズ」