読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新人が最初の「辛い時期」を乗り越えるためにやった方法3つ

私はこの4月から新社会人として,就職をしました.大学院を卒業したてのピカピカの新入社員です.当然のことながら,今までの学生生活とは環境が大きく異なっています.

そうしたなかで,私は「辛いな」とか「もう仕事に行きたくないな」などのことを,入社してまだ1週間しか立っていないのにも関わらず感じています(情けないことですが).今回は,そんな辛い思いをしながらも,なんとか1週間を乗り切って最初の週末を迎えるために行ったことを3つご紹介したいと思います.

 

 

 

1.通勤時間に趣味を楽しむ時間を持つ

まず,通勤時間に趣味を楽しむ時間を持つことが重要だと感じました.通勤時間に楽しむことができる趣味を持つことで,出社前や後の緊張感を和らげる・リセットすることができると思うからです.

出社前後の緊張感を緩和する

私は,出社時の通勤で,「これから仕事を頑張らなきゃ」や「今日こそミスしないようにしないと」といった緊張を感じてしまいます(皆さんも同様に感じていることを前提に書いていますが).ですので,その緊張感を和らげて,あまり仕事モードに突入しないためにも,通勤時は趣味を楽しんでいます.これからする仕事を確認したり,仕事内容を振り返ったりすることも重要ですが,だからといってあまり頑張りすぎちゃっても疲れちゃいますからね.

ドラマや読書だと,仕事終わりの時間を楽しみにできる

私の場合は,電車で通勤していますので,車内でNetflixを使って海外ドラマを楽しんでいます.およそ25分,電車に乗りますので,朝の出勤時と,夜の出勤時との時間を使うことで,海外ドラマの1話分を見ることができます.仕事中は何となくいっぱいいっぱいで,すごく消耗してしまい,「なんでこんな仕事やってんだろ」とか「仕事ツライなー」って感じたりしてしまいますが,朝みたドラマの続きなどを楽しみにすることで,それを励みに頑張ることができます.

同じようなことは,本を読むことでもできると思います.朝みた本の続きを帰りの通勤時に見ることができると考えると,仕事も頑張ることができるのではないでしょうか.

 

2.ランチの時間を楽しむ

「食」は人生の楽しみの1つ

多少の個人差はあるかもしれませんが,「食」は人生の楽しみの1つに数えることができるのではないでしょうか.学生の頃と違って,社会人になるとランチは外食するという方が多いと思います(これにも個人差や会社による違いなどがあるでしょうが).そのため,そのランチの時間を楽しみにすることで,午前中の仕事を乗り越えることができるのではないでしょうか.

ランチだと比較的リーズナブルに楽しめる

また,有名な料理店などでも,ランチは比較的安価なことが多いと思います.ディナーだと3000円を超えてしまうような店でも,ランチだと1000円以内で食べられるというようなこともザラにあるでしょう.まだ初任給をもらえていない最初の時期の新入社員は,お金に余裕がないかもしれません.そんな時は,夜の食事を楽しみにするよりも,比較的にリーズナブルな昼の食事を楽しんだ方が良いと思います.

 

3.金曜日の夜に豪華な食事を楽しむ

やはり夜の食事も楽しみたい

先ほど,ランチの時間を楽しみに頑張ると書きましたが,やはり夜の食事も楽しみたいもの.毎日は無理かもしれませんが,1週間の終わりの金曜日くらいは,豪華な食事を楽しんでもよいかもしれません.

行きたい店をリストアップしておこう

私は,何日も前から,金曜日の夜はあの店で食事をしようと決めていました(実際に焼肉を楽しみました).それを楽しみに,仕事を頑張っていました.ですので,あの店に行ってみたい!といった店をリストアップしておき,その店に行けることを楽しみに1週間の仕事を耐え抜くと良いと思います.

 

まとめ

今回は,新入社員が最初の1週間を乗り切るために,実際に行った方法を3つご紹介しました.私自身,現時点ではまだ1週間しか働いていない(うち1.5日は完全に研修)ため,あまり偉そうなことは言えませんが,仕事つらいなーと感じている新入社員の方の参考になれば幸いです.