【これからExcelVBAを始める人向け】オススメの書籍を

仕事においてExcelは必要不可欠なものでしょう.そのためマクロ言語であるExcelVBAができるようになると大変便利です.しかし,実際に使いこなせるようになるためには勉強が必要となります.今回は,初心者の方向けに,入門するのに最適なExcelVBAの書籍を紹介したいと思います.

 

 

 

ExcelVBAとは

初めにExcelVBAとは何かを紹介します.簡単にいうと,ExcelVBAとはマクロを記述するための言語です.Excelでは操作を記録するための機能があり,一度記録してしまうと二回目以降はワンクリックでその操作できるようになります.その機能がマクロです.

マクロは大変便利な機能ですが限界があります.たとえば繰り返し処理.マクロでもある程度は可能ですが,その繰り返しが100回も200回もになると現実的ではありません.

入門にオススメの書籍

新書版で読みやすい「入門者のExcel VBA―初めての人にベストな学び方」

新書サイズで,値段も安いためまずはこれから読み始めましょう.次に紹介する本と著者の方は同じで,内容も実際にそれほど変わりありませんが,初心者の方が初めに買う本としては非常にお手軽です.

プログラミングの本というと,初めに四則演算を行わせたり,次オブジェクトやらメソッドやらの説明を行ったりします.もちろんこの本でも多少はこのような説明を行うのですが,それは実際にプログラムを組みながら行われます.つまり,理論的な説明よりも,まずは手を動かして実際に手を動かしながら学んでいきます.

VBAの勉強の中で,初心者の方がつまづいてしまうポイントは,最初の理論的な説明の部分だと思います.この本ではそういった部分をひとまずおいておいて,まずは実際に動くプログラミングを組むことに重点を置いています.初心者の方がとっかかりと見つけるためには最適な本でしょう.

 

次のステップ「ExcelVBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本」

 先に紹介した本と著者の方が同じで,また内容も大きくは変わりません.そのため,理論よりもまずはプログラミングを組むことを重視しています.ただし,説明が詳しくなっている部分があったり,内容がより網羅的になったりしているため,より体系的にVBAを学ぶことができます.プログラムを組む際の基本的な内容を網羅していますので,この本で学習することで,実際の利用に耐えるある一定の水準にまで到達することができるでしょう.

 

参照する本としても「Excel VBA 本格入門 ~日常業務の自動化からアプリケーション開発まで~」

 基礎的な内容を理解し,実際にプログラムを組んでいると「こういったことをするためにはどうしたら良いの?」とか「ユーザーフォームのこういった機能を実装したい」といった要望がでてくると思います.ある種の辞書的な本(逆引き辞典など)でもこういった要望を満たすことができますが,少し断片的すぎたりします.内容がその一部分についてのみしか記述されていないので,それに関する前提知識が書かれていなかったり,応用するのが難しかったりして,初心者には理解しづらい場合があるのです.

この本は初心者の方が辞書的な本の代わりにする場合に特におすすめです.内容ごとに章や項目が分かれており,また断片的ではなく体系的に書かれているため,わからないことややりたいことがある際に参照すると良いでしょう.もちろん,初めから順番に読んでいっても問題はありませんよ.

まとめ

今回はExcelVBAの入門者向けの書籍として,オススメのものを3冊ご紹介しました.仕事とExcelは切っても切ることのできないものです.敷居が高そうにみえますが,挑戦してみる価値は十分にあると思います.